自分の持っているスキルを活かした仕事を探す場合

自分の持っているスキルを活かした仕事のメリット

自分の持っているスキルを活かした仕事をしたいというのは多くの人が考えることで、仕事上で経験して身につけてきたスキルを使いたいという人もいれば、仕事探しのためにスキルの習得をしてきたという人もいるで…

自分の持っているスキルで仕事を探すデメリット

自分が出来る事や持っているスキルで仕事を探すと、候補となる企業を選び易くなったり、最初からマネージャー等の好条件で雇ってくれる企業が見つかるメリットがあります。ですが、最初から今持っているスキルや…

自分の資格に合った仕事の見つけ方

キャリアアップのためや将来の転職のために資格取得をするときがあります。明確にその資格の中身を知って勉強するときもあれば、とりあえず人気のある資格を取っておこうと勉強する人もいるでしょう。中には資格…

経験のないお仕事を探す方法

転職・就職先を探している人の中には、『自分がやったことのない仕事をやりたい!』『一からスキルを身に着けたい!』と思っていらっしゃる方もいると思います。ここでは、0から始めるメリット、デメリット、未経験の職種の選び方をお伝えします。

未経験から始めるメリット

未経験のことを始めるのには、パワーが必要です。年齢を重ねれば重ねるほど、将来性やメリット・デメリット、必要な労力や時間等を推測し初めてのことを始めることに躊躇したり、始める前にやめてしまったりする…

未経験から始めるデメリット

仕事探しをする場合、必ずしも今までの経験や資格を生かせる求人広告が出ているとは限りません。特に都会から地方へ移住した場合、求人広告が出ている職種がかなり限られ、まったく未経験の仕事をしなければなら…

仕事探しは慎重に行うようにしましょう。

仕事探しは自分の人生の生きがい探しでもあります。仕事が生きがいに繋がるか、繋がらないかで人生の質は異なってきます。なので安易に仕事を選ばずに慎重に仕事を探す事が大切です。

未経験の職種の選び方

転職理由から探す方法

仕事探しをする際に、やりたい職種が決まっている方は悩むことはありませんが、そうでない方は自分に適した仕事が良く分からず、どの求人案件に応募すればよいか分からないというケースは珍しくありません。特に、これまで経験がない職種を選ぶのは勇気が必要ですが、未経験の職種が自分に向いているかどうかを検証するためには、まずは転職の理由を整理してみるのがおすすめです。転職理由がより人とコミュニケーションできる仕事に就きたいということであれば、たとえ経験がなくても営業職などはぴったりですし、手に職をつけたいのであればシステムエンジニアなどが適しているでしょう。このように、転職理由から職種を選べば、経験がないものであっても前向きに考えられるはずです。

自分ができることから選ぶ方法

未経験の職種の選び方の二つ目は、自分が何ができるかを考えたうえで、その能力を活かせる仕事を見つけるというやり方です。例えば、大学時代に海外に留学していて英語が堪能だということであれば、その語学力を使って輸入事務の仕事などで活躍できる余地があります。また、企業の受付を長く勤めていたという方は様々なビジネスマンとコミュニーケーションを図ってきているはずですので、その経験を活かして役員秘書として働くことができるかもしれません。未経験だからといって自分ができないと決めつけるのではなく、少しでも適応できそうな素地があるのであれば、可能性を信じて応募してみるとよいでしょう。キャリアは自分で切り開いていくものなのです。