自分の持っているスキルで仕事を探すデメリット

特殊技能でない限りスキルも待遇も頭打ちになる

自分が出来る事や持っているスキルで仕事を探すと、候補となる企業を選び易くなったり、最初からマネージャー等の好条件で雇ってくれる企業が見つかるメリットがあります。 ですが、最初から今持っているスキルや能力で自分の仕事の範囲を狭めてしまうのは勿体なくありませんか? 医者等の特殊技能は別として、資格が無いスキルなどの場合、よほど人より優れていなければ将来的に給与などの待遇面が頭打ちになり、スキルについても新たに伸びる余地が少ない場合には人間としての成長の余地も限定されてしまいます。 更に、まだ見ぬ優良企業への就職の道をみすみす逃す事にも繋がってしまいます。 自分の市場価値を決めつけずに、幅広い業界で企業選びをしてみましょう。

新しい事に挑戦してさらなるスキルアップを目指そう

世の中には、未経験者歓迎の優良企業は数多くあります。また、貴方の本当のセールスポイントややりたい事は、貴方が考えていた業界ではないかもしれません。 更に、異業種に挑戦して新しいスキルを身につける事で、今まで磨いてきたスキルと合わせて新しいビジネスチャンスを掴むことが出来る可能性もあります。 最近は、性格診断等を使って自分の市場価値を客観視する手助けをしてくれたり、個別にエージェントが付いて貴方の仕事探しをサポートしてくれるサービスが充実してきています。 仕事探しは、大人になった私達が新しい可能性に出会う絶好の機会です。 安易に知っている業界ばかり狙うのではなく、一度自分と向き合って、本当にやりたい事や出来る事を模索してみては如何でしょう。

工場の求人募集は様々な媒体で行われています。ネット広告や町のフリーペーパー、新聞広告や折込チラシなどを通して実施されており、基本的には地元の工場の情報が掲載されています。